Church’sの弟分という印象を180°変えてみせます!!
CHEANEY(チーニー)

「CHEANEY=Church’sの弟分」なんて少しネガティブな印象をお持ちの方も少なからずいらっしゃるのではないでしょうか?

何を隠そう、私ring TOKYO康本もその一人でした・・・(汗)

洋服・英国好きにとってチャーチのラスト73といえば、”旧チャーチ”の不朽の名作として知られており、今なお根強いファンが古着屋やネットオークションで運命の一足を血眼で探しています(笑)

僕自身も旧チャーチを血眼で探し回る派なのですが、つい先日代理店の方々を招いて行われたチーニーの勉強会でそのイメージは一変してしまったのです(驚)

少しブランドの成り立ちをお話すると、1886年に初代ジョセフ・チーニーが設立し、1966年にチャーチの傘下に入ることになります。

その後、PRADA傘下となったチャーチからチャーチ創業家出身のジョナサンとウィリアムがチーニーの全株を買い取り、新たなビジネスを繰り広げていくわけですが・・・!

文字ばかりでは疲れてしまうので、まずはringで展開している商品をご紹介。

MODEL:GEOFFREY
ラスト 6184
フィッティング E
MATERIAL
アッパー:ボックスカーフ
ソール:レザーソール
COLOR:ブラック
SIZE:6.0・6.5・7.0・7.5・8.0・8.5
PRICE:74,520yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

MODEL:ROGER
ラスト 6184
フィッティング E
MATERIAL
アッパー:ボックスカーフ
ソール:レザーソール
COLOR:ブラック
SIZE:6.0・6.5・7.0・7.5・8.0・8.5
PRICE:74,520yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

MODEL:FRANCIS
ラスト 6184
フィッティング E
MATERIAL
アッパー:ボックスカーフ
ソール:レザーソール
COLOR:ブラック
SIZE:6.0・6.5・7.0・7.5・8.0・8.5
PRICE:74,520yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

細かくご説明すると、CHEANEYにもシティコレクションやインペリアルコレクションといったグレードが存在するのですが、ここでご説明するとただでさえ長いブログが、更に長ったらしくなってしまうので割愛させて頂きます(汗)

今回ringで展開しているのはストレートチップ、クォーターブローグ、セミブローグのブラックシューズなのですが、こちらの3型は全て「ラスト6184」という、アメリカ市場に向けて生産されていた”Royal Tweed”に採用されていた伝説の木型なんです!

そしてなんとそのRoyal Tweed、実はチャーチと共同開発されたモデルで、当時のモノには「Division Of Church’s」と書かれていたりする靴マニアには垂涎モノの逸品!!

旧チャーチ時代のチャーチを知る職人と共に作られたラスト6184・・・

ショートノーズで普遍的なセミスクエアトゥはなんとも英国靴らし〜い・・・

ということは!?

なんとなんと!!このラスト6184、僕たちが大好きな旧チャーチの名作”ラスト73”に瓜二つなのです!!!(驚)

早速僕もネットオークションでRoyal Tweedゲットしちゃいました(笑)
(気になったらすぐ買う癖、直さないとです・・・涙)

まだ手元に届いておりませんので、届き次第その魅力を改めてお伝え致します!

ここまでで今季展開しているラスト6184が素晴らしい木型だと言うことはお分かり頂けたかと思いますが、皆さん疑問に感じられているのって「チーニーってなんで他の高級靴に比べて安いの?」という点ですよね?

これに関してはクオリティが他のブランドに劣ると言うわけではなく、チーニーの社風がこのグッドプライスを実現しております。

どういうことかと言うと、靴に限らずブランドってお金をかけて広告を出して宣伝をするのが普通ですよね?

広告で使ったコストを回収するにあたって商品の値上げをしたりと、シワ寄せは消費者にくるわけですが、チーニーは「良い物を作り続ければ、口コミなどで自然とその良さは広まるだろう」という考えだそうなので、広告にお金をかけず、良い物を適正価格で販売することに重きを置いています。

ringで展開している3型に関しては、ドイツのワインハイマー社のボックスカーフを使用しており、ソールからライニングに至るまでブラックで仕上げられた極めてドレス顔なドレスシューズなのです。

また、ウェルトには細かいウィーリングと呼ばれる凸凹を、他のモデルに比べて更に細かく入れてよりドレス感を高めるこだわりっぷり。

靴の好きの方にとっては周知の事実だったかもしれませんが、どこかでチーニーを選択肢から外してしまっていた方々に是非一度お試し頂きたい”自慢の一足”でございます!!

『3者納得の肝入り別注ですっっ!!PT05 “SWING” フランネルパンツ!!』

コチラからチェックしてみてください!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
上に戻る