されどPITTI!?
出張報告(PITTI編)


今回も気が付けばもう最終日だ〜。と、あっという間と言いますか、怒涛の一週間と言いますか、兎に角色々な意味で濃ゆ〜い時間となったイタリア出張。

店頭では早くも春物が並び始め、一部のお客様には既にご購入頂いている様ですが、続々と入荷をしている19春夏のご紹介は一旦休憩し、本日はどこよりも早い??19秋冬のHOTな情報をお届け致します!

今回はすくないのかな〜と思いつつも、なんだかんだで2日目、3日目はいつも通りの賑わいとなっていましたね。

初日は隈なく下見をし、2日目は代理店の方々にブランド説明を頂き、その後はただただストイックに動き回るという流れの中で感じた来しーズンの傾向や予測を僕なりにご紹介したいと思いま〜す!

先シーズンから続いている英国的な雰囲気は来シーズンも少なからず打ち出されていましたので、引き続きそういった流れは継続していきそうです。

しっつ!!と言った感想も出てきそうですが(笑)、新たにブラックやグレーといったモノトーンの打ち出しが加わり、艶感や上品さといった要素がそこに加わってきたという印象です。

ですので、従来のストレートな英国的なノリではなくなった感じがします。

モノトーンの台頭があるとはいえ、ネイビーとブラウンの二大カラーがメインストリームを歩いてくことには変わりませんが、レッドやイエローなどの発色の良いインナーを使った提案が実に多かったと感じます。

もちろん、ヴィジュアル的な見せ方もあるんでしょうが、今季の春夏同様に色を使ったスタイリングに注目が集まってきていると言えます。

様々なカラーが挿しとして使われいましたが、その中でも先述のレッドやイエロー、グリーン、パープルの4色が多かった様に思います。

そのトーンも、原色やビタミンカラーの様にはっきりとしたものが多かったので、ringとしてはこれらの色をどの位使い、どの様に表現していくかが課題です。

上品さに一役買うアイテムとしてVゾーンにストールを使ったスタイリングが増えてきていました。

写真はカシミヤやウール素材ですが、他にもエルメスやエトロといったヴィンテージ系のシルク素材のものを取り入れても良いと思います。

スカーフが根付いてきた今、こういったアイテムには抵抗なくチャレンジ出来る方も多いと思っていますので、ringでも提案していきたいアイテムでした。

最後に、残念ながら新規ブランドの発見!とはなりませんでしたが、19FWより本格始動となるブランドのご紹介を・・・

それがDRAKE‘S(ドレイクス)です。

兼ねてよりお取り扱いをしたい!と思っていたブランドの1つになります。
ringの目指しているスタイリングに非常に近いこと、既存ブランドとのMIXも好相性なことがその理由です。

先月のプレコレクションの際にもオーダーをしてきましたが、PITTIでのプレゼンテーションをしっかり把握した上でと、それ以外のアイテムもピックアップしてきました。

少量ではありますが、19SSから展開をしていますので、そちらも是非楽しみにお待ちください。

次回はSTILE LATINOショールーム編になります。

『「COMFORT STRETCH」、体感してみたくないですか!?PT05 “SWING” ウォッシュド デニムパンツ』

コチラからチェックしみてください!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
上に戻る