Buyer’s eye recommend Styling Blog
~ジャケット編~

皆様、大変お待たせ致しました!?

早いもので5回目を数えるまでになりました当ブログ。

しつこい様ですが、未だご意見やご感想といった外野

からの声は一切こちらへは届いておりませんが(汗)、

密か~に楽しみにして下さっている方?やコーディネ

ートをご参考にして頂いてる方?の為に、今季も行か

せて頂きます!

梅雨入り前の僅かな一時、一年で一番過ごしやすい?

と感じる初夏の気候に誘われて、ご旅行やデート、お

食事や飲み会にと、自ずとテンションも上がりアクテ

ィブになるそんな季節だからこそ!オシャレをしてお

出掛けしようではありませんか!?

ということで、オシャレの要?かどうかは人それぞれ

ですが(汗)、様々なシーンを妄想しながらジャケット

をメインに組んだスタイリングを私の目線でご紹介さ

せて頂きたいと思いますのでどうぞお付き合い下さい

ませ。

それでは!!
1605_3_1
ジャケットスタイルに代表されるオンタイムでの”ジャケ

パン”スタイル。クールビズの開始から一カ月が経ち、

ノータイにもそろそろ慣れてきた?なんて方もいらっし

ゃるかと思いますが、ドレス回帰を促しております私共

に於きましては、この時期のジャケパンスタイルもタイ

ドアップを推していきたいと思っております!
1605_3_2
ブルーベースにベージュの糸を織り交ぜたメランジの

ジャケットは、シルクの上品な光沢とリネンの清涼感

で着用時のテンションを上げていきましょう!?

お色味も定番のネイビーではなく、青味を効かせた

チョイスが捻りを加えます。

そして、Vゾーンはほんの~りモダンさを取り入れたシ

ョートポイントの襟型をクレリックで。タイはコントラ

ストを抑えたフラワープリントで纏めることでトーンを

揃えた都会的な印象へと昇華させます。

1605_3_3
内羽根や外羽根の王道ドレスシューズももちろん素敵

ですが、ここは一つ軽快感と洒落感を兼ね備えたタッ

セルローファーがオススメです!

オンタイムはの時にはソックスもお忘れなく(笑)

JACKET:Cantarelli
SHIRTS:DARKNOT
TIE:ALTEA近日予定
SHOES:Crockett&Jones
PANTS:PT01
BAG:CHAMBORD SELLIER
BELT:J&M DAVIDSON
1605_4_1
今季を象徴するお色目の一つのホワイト。

とは言え、気恥ずかしさやコーディネートのし辛さ

から、なかなか一歩が踏み出せない?そんな方に朗報

です!

単色ではなく、ホワイトベースにブラウンのペンが

入ったものなら気恥ずかしさも皆無!?かどうかは人

それぞれですが(笑)、馴染み深いブラウンとの掛け合わ

せは、ホワイトを取り入れる新鮮さとブラウンの安心感

をそれぞれ楽しむ事ができる一挙両得なスタイルではない

でしょうか!?
1605_4_2
柄の効いているジャケットには足し算ではなく単色のアイ

テムを取り入れた引き算コーデがオススメです!

女性からの指示が熱い清潔感はホワイトの専売特許?で

ありますし(笑)、ブラウンとのコントラストは上品さも

演出出来てしまう相性抜群の名コンビなんです。
1605_4_3
小物も大人の身嗜みには無くてはならないアイテムです

よね?

イントレチャートのトートバッグは、表側のヘヴィ―な

印象を払拭し、且つ洒落感や軽快感もゲット!出来て

しまう優れもの。シューズとお色味を合せたブラウンの

チョイスを是非!

JACKET:ISAIA
SHIRTS:FIAMORE
KNIT:ZANONE
SHOES:Crockett&Jones
PANTS:PT01
BAG:CISEI
BELT:Anderson’s
1605_5_1
今季のジャケットの主役は、誰が何と言おうとニットジャ

ケットに決まりです!

従来の趣はそのままにストレスフリーな着心地と汎用性の

高さがその理由のように感じますが、そんな旬なアイテム

を使ったスタイリングがこちら。

ホワイトカラーに次いでトレンドカラーと目されています

ブルー系・インディゴカラーですが、ここは一つ、差し色

を使わずにワントーンで組むのが定石?です。

効果的に白を取り入れることで、重たくなりがちな印象も

払拭できますし、お手持ちに多い色味を使っていまので、

実践し易さもオススメの理由です。
1605_5_2
インナーにジレを持ってくることで、抜け過ぎる感じを抑

制すると共に、スタイリングに動きをプラスし且つ見た目

にもイケてる感を演出してくれる効果あり!のアイテム。

布帛のものでも◎ですが、インディゴ染めのジャージー

素材を選ぶことで全体に統一感が生まれます。

1605_5_3
そしてすかっかりお馴染みとなりましたスニーカー。

大人のリラックススタイルを完成させるには、シンプル

でありながら高級感も同時にゲッツ!出来てしますレザー

物をチョイス!

ホワイトソールのバイカラーが、良い塩梅にアクセントと

なった抜け感がミソです。

JACKET:LARDINI
GILET:CIRCOLO 1901
INNER:SCAGLIONE近日公開予定
SHOES:PHILIPPE MODEL
PANTS:PT05
STOLE:ALTEA
1605_6_1
そして、ニットジャケットと同じく赤丸急上昇のシャツ

ジャケットは、カーディガン感覚で羽織る事の出来て

着用期間の長さもまた魅力です。

カットソーにデニム、そしてスニーカーと”今”を象徴

するカジュアルなアイテムをメインに、ホワイト×ネイ

ビーの2トーンコーデは統一感と清潔感を意識した

デイリーユースなホワイトの提案となっています!
1605_6_2
クリーンな印象の強いホワイトには、少~し力を抜いた

ヘンリーネックのカットソーをアクセントに。

各アイテムをキメキメにしてしまうと、王子様感が出て

しまうので抜を作るのがポイントです!
1605_6_3
ローファーという選択肢も◎ですが、力の抜けた軽快感

を演出するにはやはりスニーカーが吉と出ます。

デニムの裾を無造作にロールアップし、キャンバスの

スニーカーでこなれた感を出してみるものまた良し!

です。

JACKET:Mario Muscariello
INNER:MAJESTIC FILATURES近日公開予定
SHOES:SUPERGA
PANTS:PT05
HAT:Doria近日公開予定

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
上に戻る