15FW Pre Collection 開幕!!!

来シーズンを占う大事な戦い!?の幕が切って落された

訳ですが、生憎の雨スタートとなりまして・・どうかこの

雨も恵みの雨へと変わりますよ~にと他力な願いを込めて

みます(笑)洋服屋である私たちにとっては来シーズンの

トレンドや傾向をいち早くキャッチ出来る機会でもあります

し、何と言ってもそれぞれを吟味しイメージしながら選んで

いくということ自体が楽しみでもあります。

さて、来季の傾向ですが色柄共にシックで落ち着いた印象の

アイテムが多く、今季もその傾向があるとされていましたが、

更に強まったという感じがします。英国調の雰囲気もやや

落ち着き、モード感を意識する!?かどうかは定かではあ

りませんが、多くのところで”BLACK”がフォーカスされて

いました。差し色としてはベリーやキャメル、ブルーに

グリーン等が人気が出そうです。各ブランドとも見応え十分!

少しずつではありますがご紹介していきたいと思います。
ISAIA
先ずはISAIA。ナポリ近郊にある古代都市『ポンペイ』が

今回のテーマ。ポンペイに数多くあった壁画が黄土色(オクラ)

であったり、ヴェスヴィオ火山噴火をイメージしたレッドを

キーカラーに壁画や建物、タイル等からインスピレーンを受けた

コレクションを展開していました。
ISAIA2
全体的に落ち着いたトーンが多いと言われる中、イザイアらしい

キレイな色柄は健在でした。チェック系のトレンドは継続でしたが

少しコントラストを押さえたものが多い印象でした。

その分コーディネートも組み易くなりますし、柄×柄なんて

足し算的コーディネートにも使えそうですね。ジャケットは過去

最多の6型をチョイスしましたのでワクワク、ドキドキしながら

お待ち下さいね(笑)
名称未設定 3
続きまして、我らがエース!?のPT01。そのPT01に異変!?

いつも色に溢れ、明るいショールームが一変したかのような

雰囲気が・・それもそのはず、ベージュやオリーブ、ブラック

といったシックな色味を打ち出しているではありませんか!!

落ち着いたトーンの象徴はPT01なのでは!?と思わせる程(驚)

とはいえ、ボルドーやブルー、ホワイトなどもしっかりと展開

予定ですのでご安心下さいね。
pt05
PT05も色味を抑えた提案が目を引きます。来季からの

ニューモデル”BLACK LABEL”も登場します。名前だけ聞くと

ますます暗くなる感じがしますが・・(汗)リモデルといった方が

良いかもしれません。サイズ感は変えずに革パッチやリベット

を小振りな物に変え、ヒップの刺繍を無くしすっきりシャープ

な印象に。イケてます!!

“BLACK”旋風襲来!?を感じさせる来季のアイテムとの

相性は◎です。
GTA
GTAは今季も大好評!?でしたスウェットパンツ(Giorgio)

に加え、スラックス型や紐付き使用のニューモデルを

ジャージー素材で展開予定です。買い逃した方、まだ買われて

いない方は選択肢も増え嬉しい悲鳴に買い過ぎ要注意です(笑)
ernest
ernestはボルドーやグリーンをキーカラーにレジメンタル

ストライプをフォーカスしていました。創業当時からある柄

とはいえ、イギリスより仕入れたエクスクルーシブの生地は

必見です。この生地にはカットソー&スニーカーを合わせ抜

け感を楽しんでほしいとオススメのコーディネートもレクチャー

頂きました。grazie!Enrico.
ernest2
更に注目アイテムのジャッコーネ(ジャケットとコートの

中間的アウター)とラグランスリーブのコートも展開予定

です。氏曰く、こちらのアイテムのインナーはミドルゲージ

のタートルネックを合わせてとのことでした。
enrico
いつも気さくで優しい人柄のエンリコ。氏の一押しの

レジメンタルストライプJKTを着た一枚(笑)

何を着ても似合うんです。羨ましい〜
ドルモア
Drumohrからは、キャメル・ブラック・ブルーの打ち出し

をしていました。しつこいようですが”BLACK”旋風襲来は

ここにも。ミドルゲージクルー&タートルネックのトレンド

はもれなく継続中ですが(笑)ミドルゲージのニットは

ケーブル編みではなくヘリンボーン調のデザインを展開予定

です。

そして定番のハイゲージからは30Gが登場します。その名も

“ドルモアモダン”ミラノのセレクトショップアントニオーリ

と企画を進めた期待大のニューモデルはカットソー感覚で

着て頂きたいニットです。
CIT
CIT LUXURYはブランドタグを変更し、サイドにはガゼット

を新たに付けたりとイメージを一新。インディゴブルーを

メインに、ジャガードに見られる織り感のある生地が多く

提案されていました。脱柄!?とまではいきませんが、

柄物もコントラストを押さえたシックなものが次の秋冬は

主流になりそうです。
boglioli
ラストはBOGLIOLI。来季は既存モデルをベースに、サイズ感

をタイトなものへとリモデルしたシリーズが多くある中で、

それはひと際異彩を放っていました。構築的でクラシックな

雰囲気もありながら、どこかモダンな香りさえする・・その名も

『Retford(レットフォード)』が新たに登場します。

再びボリオリ旋風吹き荒れそうな予感を感じるこちらも展開予定

ですので、楽しみにお待ち下さい!!

と、以上第一弾プレコレクションのご報告を駆け足でお伝えし

てまいりましたが、来月初旬からもまた展示会廻りが始まりま

す。第二弾の模様も近いうちにご報告出来ると思いますので

楽しみにお待ち下さいね!!

それでは~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
上に戻る