Through The Linenでいきます!!〜ヴィジュアルブログ大阪編〜

皆様こんにちは!

久しぶりの登場になりますring大阪店の廣島です。

メンズバイヤー陣の海外出張を終えしたためた出張報告ブログはご覧頂けましたでしょうか?

個人的に来季のトレンドで気になったのが”色”の提案。来春夏は、オフホワイトのジャケットにカラーニットを合わせたスタイリングがしたいなぁと妄想を膨らませておりました。(笑)

それにしても、イタリアの展示会や町並み食事の様子など指を咥えて見ている自分としては、いつか僕も行きたいなぁ・・・とイタリアへの憧れは強くなる一方です!

と、個人的な願望はこの辺で置いておき。(笑)

今回僕が登場したという事とPITTIやミラノの海外出張が終えた事、春夏商品紹介を終えたこのタイミングといえば…?

はい!恒例のヴィジュアルブログでございます!!

手前味噌ながら毎月1・2回変更しており、今季のオススメとお客様に楽しんで頂けるようなディスプレー提案をしておりますので、お店の前を通られる際に見て頂ければ幸いです。m(_ _)m

それでは、今回も個人的に気に入っている3つのディプレイをフォーカスしてご紹介していきたいと思います!!


4月DISPLAY メインブランド:Massimo d’Augusto(マッシモ ダウグスト)

今年はリネンの当たり年と言えるシーズンでして、各ブランドからアイテムにとらわれず様々な打ち出しがあり豊富なバリエーションがお目見えしました。

ring大阪ではカプリシャツで呼び名の高いMassimo d’Augusto(マッシモ ダウグスト)をメインに打ち出したのがこちら。

グラデーションに吊るしたカプリシャツの染色の美しさと豊富なカラーバリエーションを紹介したディスプレイを製作。

マネキンに着せているサファリシャツもリネン素材で、春夏らしいアウター提案に心を擽られます。

温暖な気候と穏やか日差しがリラックスさせてくれる春は、自然と明るい色を取り入れたくなる季節ですよね。普段着慣れていない色に挑戦するなら春の季節はもってこいじゃないでしょうか。きっと新しい発見ができるはずです!

夏場にはカプリシャツにショートパンツという軽装な着こなしでも、カプリシャツのリゾートな雰囲気が大人を感じせてくれるので休日のカジュアルスタイルにオススメなんです!

来春夏もリネンは継続的なトレンドの流れの様ですので、押さえておくべき一つなのは間違いなさそうです。


5月DISPLAY メインブランド:LARDINI(ラルディーニ)

海や空を連想させるブルーの背景は夏をイメージし、暑さも楽しむお洒落として軽快さが魅力のシャツジャケットを主役にしたディスプレイ。

インナーのカットソーもボーダーにすることで爽やかさと涼しげな印象を与えてくれるので、この季節にはマストなアイテム。

椅子に掛けた別のアイテムは、コーディネートの幅を感じていただける様に提案しております。

ジャケットの分野で完全に市民権を獲得することになったシャツジャケットは、春夏には欠かせない存在になりましたね。お洒落は我慢といったワードも次第に聞かなくなりました。


6月DISPLAY メインブランド:Gabo(ガボ)

イタリアの陽気な太陽のもとで行われる野外パーティーを連想したディスプレイ。イエローを挿し色にベージュカラーのトーンオントーンでコーディネートしてみました。

やはりここでも欠かせないのがリネン素材。どうしてもジャケットを着用しなくてはならないシーンには、迷わずリネンジャケットで涼しく装うのが良いでしょう。

今回ご紹介させて頂いたディスプレイには、何かしらリネン素材を取り入れたアイテムを使用しておりました。

それだけトレンド値の高さを伺える素材ですし、春夏シーズン通して長く使用できるのが魅力ですよね。

実は19s/s ringのテーマが表題の”Through The Linen”でして、意味はというと『Through=(シーズンを)通して・(袖を)通す』という二つのキーワードにLinen=麻を掛け合わせたテーマだったのです。

いかがでしたでしょうか?

箸休め程度にご拝読頂き、なるほどね〜とご覧いただければ幸いです。

これからも皆様の目を楽しませるようなディスプレーを企画しますので、お近くにいらした際には是非チェックしてみて下さい!

引き続き明日、明後日はPT per ring編・東京店編がございますので宜しければこちらもご覧下さい〜!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
上に戻る