ポストCAVENDISH!?そう呼んで下さい。
Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)

コートはロング丈、シャツはクレリック、パンツはプリーツ入りと、変化の少ないイタリアンカジュアルでもウィメンズやモードの流れを受けて徐々に変わっていっていることは、周知の事実だと思います。

各アイテムで様々な切り口が提案されている中で、唯一変化の乏しい・・・と言いますか変わらず支持を得ているがタッセルローファーではないかと・・・

僕らの業界の人間ですら、一年を通して愛用しているファンも多いくらいですから、その使い易さと言いますか汎用性の高さと言いますか、兎に角スーツでもチノパンでも格好良くキマる!魔法の靴と言って差し使いはない優れた靴。

でも、そればっかりじゃ芸がない!?

と言ったか言わずか、今季はそのタッセルローファーにちょっと待った~~!!をかける型をオーダーしたんです。


それがコインローファーです。

ペニーローファーとも言われているこの型は、アメリカの学生たちがサドルストラップの切り込みに1セントコインを挟んだことが由来とされていますが、僕らの身近なところで言うと、高校生の学生服に合わせていたリーガルやハルタの”あの型”といった方がピンとくるかもですね。

そんなローファーが今季は熱い!?かどうかは定かではありませんが(汗)、少なくともringでも猛烈プッシュを行う予定であります。

以前は、ringと言えばタッセルローファーのCAVENDISH!と言い張っておりましたが、そこを改め、タッセルのCAVENDISH・ローファーのHARVERD2の2軸で今後は言い張っていければと思っておりますm(__)m


ALDENと言えばホーウィン社のコードヴァンという程認知度がありますが、Crockett&Jonesと言えばホーウィン社のコードヴァンという肩書に変わるかも!?(笑)。

いえ、ならないと思いますが・・・

今季はそのホーウィン社のコードヴァンにてご用意出来た奇跡のローファーとなります!

更に、名作HARVERDをアップデートさせたHARVERD2での展開となればCAVENDISH3に次ぐ待望論!との噂も・・・

CAVENDISH3同様にウエストにシェイプを利かせ、ヒールカップをコンパクトに変更しているんですが、決定的な違いは”アンライング”であることです。

硬派なコードヴァンに軟派な?アンライニングとのギャップを!ハーモニーを!是非足を入れて感じて下さい。

コードヴァンとは思えない足馴染みに驚かれると思いますよ・・・多分(笑)。

MODEL:HARVARD 2/6254
ラスト 376
フィッティング E
MATERIAL:アッパー:コードバン
ソール:レザー
COLOR:ワイン・ブラック
SAIE:5.0・5.5・6.0・6.5・7.0・7.5・8.0・8.5
PRICE:120,960yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

『凄く気になるPT01 Madras コットンウールパンツ!!』

コチラからチェックしてみてください!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
上に戻る