“イケてる”やつらがこれを穿いてた!?
PT01 HEPCAT ライトフランネル パンツ

今季のPT01はあるイタリアの作家が執筆したPTの為の短編小説を元にしたコレクションとなっており、先日は第1章”LA BOCA”をご紹介させて頂きましたよね?

その第2章が”HEPCAT”、調べてみると1940年代に今の流行、またはある特定のトレンドや事柄に精通している人、熱中している人という意味合いで使われていたスラングのようです。

シンプルに言うと”イケてるやつ”という意味合いという説明をドメニコ氏からプレゼンしてもらいました!

舞台は1920年のニューヨーク 禁酒時代を舞台にした話を元にしたコレクションでして、隠れて酒を飲む若者をプリントしたライニングを使用しております。

禁酒法といえば、僕の好きな映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」が真っ先に頭に思い浮かびます!

ニューヨークのゲットー育ちのギャングの生涯を描いた映画なのですが、禁酒法時代のイケてるやつらと聞くとロバート・デ・ニーロ演じるヌードルスを始め、その仲間たちのことなのかなぁと勝手に想像したりするのですが、素晴らしい作品なので是非皆さんお時間あればご覧ください!

そういえばパンツの話でしたよね(汗)

いつの時代もイケてるやつらはシンプルな物をちゃんと着こなしています!

抑えておきたいのがやはりSUPER SLIM FITのベーシックなライトフランネル生地。

これを手にしないことにはイタリアンファッションは始まりません。

今でも世界のファッショニスタのスナップ写真をみると、シルエットこそ変化はありますがやはりパンツに関してはベーシックな物を穿きこなしてる方が多いです。

こちらはプリーツも入っており適度にゆとりがありますので、まだ抵抗がおありの方はこれを機に是非シフトチェンジして頂ければと思います!

ことお洒落の制約が厳しくなるドレススタイルに於いてはベーシックなアイテムの質がモノを言います。

変わらない定番を選んでいても、どことなく洒落て見える。さらにはデキる男にさえ見えてしまうのはPTを穿いた人にのみかかる魔法かと!

ネイビーやグレーといった色目はビジネスにおいて定番でございますが、第三の刺客としてブラウンをワードローブに投入して頂くと週5の勤務も気分をあげて臨めますし、お持ちのベーシックカラーと着まわしも容易ですのでお試しください!

MODEL:LOWER EAST SIDE HEPCAT
CO15/CP DF11Z00HE1 MA
SUPER SLIM FIT
MATERIAL:表地:ウール98% ポリウレタン2%
裏地:アセテート60% レーヨン40%
COLOR:グレーベージュ・ライトグレー・チャコールグレー
SIZE:42・44・46・48・50
PRICE:39,960yen
ring online shop
ring rakuten shop
ring Yahoo!店
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2019年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
上に戻る