気分はすっかりナポレターノ!?
”ringの提案するナポリスタイル 夜に纏うべき推しの一手”
スタッフリコメンドブログ

突然ですが、僕達ringは“REAL CLOTHING”をテーマに掲げており、本物だけが放つ魅力を皆様にお伝えしている訳ですが、そんなringが予てより謳っておりましたトラッドに加え、なんとこの17SSからもう一つ!!英国同様推していこうじゃないかと決定したカテゴリがございます。

昨日のブログでもご紹介致しましたが、それは昨今業界で盛り上がりを見せる“クラシック”、そして“ナポリ”でございます!!

いつの世も最高級の仕立てと呼ばれるジャケットやスーツがあり、そこには決まってナポリの名前があったと思うんです。

第二の皮膚とも称されるサルトの生み出す芸術品は“本物”と呼ぶにふさわしく、まさしくringのテーマにもピッタリという訳で、本日は昨日ご紹介のリゾーティなスタイルとは打って変わって、クラシックかつセクシーなスーツ・ジャケットを身に纏ったスタイル、すなわちSARTO”REAL” STYLE(ダジャレですね・・・)を、偶然にも東京・大阪で奇跡のコラボを果たしましたクラシックに洗脳されてしまった康本・小林の二人でご紹介させて頂きます!

どうでしょうか。陽気な昼とは打って変わって、マフィアの蔓延る暗黒街を連想させる薄暗さとベージュのソラーロスーツのコントラスト・・・

太陽の光を浴びてこそのソラーロですが、夜は夜で特有の艶やかさを放っております!!

わたくし康本がチョイスしたのは自ら宣伝部長を務めている?新進気鋭のサルトリアナポレターノ、Luca Grassia(ルカ グラッシア)です!

ほぼ全てフルハンドという贅の限りを尽くした芸術品は、幼少から針と糸と時間を共に過ごしてきたサルトの魂が詰まっており、そのスーツからは肉眼で確認出来るほどのオーラが・・・なんて表現も決して大袈裟ではなく、ringが提案する「本物だけが纏う魅力」がほとばしっております。

ステレオタイプなクラシコイタリアにならないよう、シューズは定番のブラウンではなくブラックをチョイスしたりと随所にringらしく英国的なアイテムを織り交ぜてみました!!

パキッとした色鮮やかなストライプはまさに英国シャツの醍醐味ではありますが、ナポリとマッチングするようイエローをチョイスしたのは完全に狙いです(汗)

個人的にはシックな傾向が続いたので、カジュアル・ドレス問わず色を挿したスタイリングが気になっております!というより最近はもっぱら色を使っております。

やはりドレススタイルはVゾーンが肝ですし、そこでのオシャレをもっと楽しみたいですね!!

タイもヴィンテージ調でクラシックなものですが、少しデザイン的にエッジの効いた物を合わせることによってモダンな印象に仕上げました。

そしてチーフは「胸元に最上級を。」でお馴染み?のSIMONNOT GODARDです。潔く白のリネンをチョイスしましたが、遊びを効かせてロールさせて挿しております!!

こちらは注目箇所がいくつかありまして、一番注目して頂きたいのが僕の噴火しそうなヴェスヴィオ火山・・・ではなく(笑)フロント部分のハンドステッチと美しくエレガントなプリーツです!

お耳汚しをお許し下さい(汗)

あとは細かいところにはなるのですが、セッテピエゲならではの軽やかなネクタイの剣先、そして何人もの男を虜にし、一度持つと手放せない魔性のクロコベルト。

上質なベルトを巻いた時に湧きおこる溢れんばかりの謎の自信は、ベルトレスでは味わえないオシャレだと思います!!

SUIT:Luca Grassia
SHIRTS:Turnbull&Asser(ターンブル&アッサー) 私物
TIE:Atto Vannucci(アット ヴァンヌッチ) 私物
BELT:Anderson’s(アンダーソンズ)
SHOES:Crockett&Jones(クロケット&ジョーンズ)
CHIEF:SIMONNOT GODARD(シモノゴダール)

続きましては、またもやLuca Grassiaのジャケットを使用した“エロガント”「エロい+エレガント」なスタイルをご紹介致します。

センスの悪さが目立つ造語ですが・・・、もうこのジャケットを見てしまったら最後、エロい以外の表現が頭に出てこないんです(笑)

当初は、ネイビーのワントーンスタイルを考えましたが、それだと少し艶感が強すぎる印象でしたので個人的に久しぶりに着たい気分のピンクのシャツをインナーに、ベージュ・ブラウンと優しく上品なカラーで纏めてみました。

先程のスーツスタイルが暗黒街を闊歩するイメージだとすると、こちらはセレブな食事をリストランテで、といった感じですね!!

実は最大のこだわりポイントがこちらのVゾーンにあります!!

その美しい襟のロールで胸元をセクシーかつエレガントに演出してくれるこちら、実はイタリアンカラーなんです!!

ラウンド、タブ、ピンホールなど襟型のバリエーションが豊富な昨今ですが、イタリアンカラーはイタリアを愛する者として外せないんです!!

もし食後のパーティーがあるとするならば、襟を出し胸をはだけ、思う存分乱れてみるのは如何でしょうか?(笑)僕にはイタリアーノばりの男性ホルモン全開のセクシー胸毛は生えておりませんが・・・

上品な発色のSIMONNOT GODARDのチーフも艶やかなジャケット生地、シャツと相まって奥ゆかしいエロスを放っております・・・

更に寄りで見て頂きたいのが、再三申し上げておりますこのエッロい生地なんです!!類を見ない特殊な生地の提案で一躍大注目されたフェルラ社の生地なのですが、ウール100%で良く表現できるなぁ・・・と感心してしまうこの艶やかな凹凸感、やはり一味違います。

着目すべきは生地だけではなくややラウンドしたラペルにダブルステッチと、これまたフェロモン全開なセクシーディテールが満載なわけです。

端正な顔立ちのエレガントなスーツやジャケットはもちろんスマートで良いのですが、ナポレターノたるものこれぐらい色気を放つアイテムも着こなさなくてはなりません!!

個人的には男性の究極の嗜好品と考えるナポリ服・・・この魅力を是非皆様にもっとお伝えしたいんです!!

続きましては同じくナポリ服に魅了されたring大阪の小林がその魅力を皆様にお届け致します!!

JACKET:Luca Grassia
SHIRTS:FRAY(フライ) 私物
PANTS:C+(チープラス)
BELT:Anderson’s
SHOES:Crockett&Jones
CHIEF:SIMONNOT GODARD

buona sera!!

ringナポリ広報担当の小林です。

ナポリには、見る人を釘付け・昇天させてしまうほど美しいと称される世界三大夜景の一つにも数えられている、ポジリポの丘があるのは皆さんご存知でしょうか!?

そんなポジリポの丘の美しい夜景を連想させるような艶やかで光輝くナポリnightスタイルをわたくし小林がご紹介致します。

ナポリの風を感じる!?生粋の洒落人ナポレターノをも唸らせるほどの美しさと輝きを放っているこちらのスーツは、日本が誇るクラシコJAPANの最高峰RING JACKETでございます。

こちらのモデルは、2016FWに登場したニューモデル。その名も「NO.269」

NO.269モデルは、力強い幅広ラペルにナチュラルな肩周り、シェイプの効いたウエストラインはナポリスタイルを彷彿とさせる!?ラテンな色気とモダンさを漂わせるスペシャルモデルとなっております。

そんな色気も去ることながら、驚くべきはその着心地!!

着ている事を忘れてしまうぐらいの軽くしなやかな着心地は、RING JACKETのワールドクラスの技術力を感じる至高の一品です。

そんな色気ムンムンのスーツのVゾーンは、トーンを合わせて統一感のある胸元に・・・。

King of shirtの呼び声高いLUIGI BORRELLI(ルイジ ボレリ)の代表モデルLUCIANO(ルチアーノ)のストライプシャツに、夜の暗闇でも艶やかで光煌めくサテンのペイズリータイを合わせれば、ナポリ美女を釘付けにしてしまう程の!?色気を放つナポリスタイルの完成という訳です。

ちなみに、ネクタイを今期注目のレジメンタルタイやネイビーのソリットタイに変えれば知性溢れるビジネススタイルも演出できます。

足元には、ジェントルマンには絶対に欠かす事の出来ないウィングチップのタッセルローファーを合わせモダン&エレガントに!

SUITS:RING JACKET
SHIRTS:LUIGI BORRELLI
TIE:LUIGI BORRELLI
SHOES: Crockett&Jones
CHIEF:MUNGAI

続きましては、ringが誇るナポリ代表格の一つSTILE LATINO (スティレ ラティーノ)のジャケットを使用したエロサバスタイルをご紹介致します。

今や飛ぶ鳥を落とす勢いのナポリブランドといえば、もちろんスティレラティーノに他なりません。

イタリアンサルトの名門アットリー二家の長男であるヴィンツェンツォ・アットリーニ氏が生み出すコレクションは圧巻の一言!

彼自身が生粋の洒落人ナポレターノという事もあって、彼の生み出すコレクションは素晴らしい生地のセレクトに始まり、イタリアンクラシックの仕立てをベースに時代性を掴んだモダンなエッセンスが加わり、実にセンスの良さを感じる唯一無二のオーラを放ったコレクションなんです。

見る人を虜にしてしまう美しいフォルムと一度袖を通すと他には浮気出来なくなる程の魔力を秘めた軽く柔らかな着心地は、人生で一度は味わって頂きたいringイチオシの”REAL CLOTH”

私が着用しておりますジャケットは、ブラウン系とブルー系の糸が美しく混じり合ったグレンチェックジャケットでクラシコイタリアには欠かせないアズーロエマローネ。

このジャケットから放たれる色気と男らしさたるや昇天ものです!!(興奮)

インナーには、ナポリスタイルに欠かせない本物を感じる事の出来るring新規ブランドMassimo d’Augusto(マッシモ ダウグスト)ホワイトの2つボタンのカプリシャツを合わせ、セクシー全開のエレガンテなVゾーンに!

昨今、ベルトレスやプリーツパンツが世間を賑わせており、そんなプリーツパンツはもはや外す事の出来ないマストアイテム。

こちらは、美脚パンツのカリスマPT01(ピーティーゼロウーノ)のプリーツ入りウールパンツその名も「SHAKA」

シルエットの美しさはもちろんのこと、ストレッチ混で伸縮性の効いたサマーウールを使用しており、洒落さと実用性が融合されたプレミアムパンツを合わせればリラックス感溢れるエロサバコーデの完成という訳です。

クラシックを愛し、クラシックに愛された男!?魅力てんこ盛りの康本&小林がご紹介致しました”ringの提案するナポリスタイル 夜に纏うべき推しの一手”は如何でしたでしょうか?

今後も継続してringスタッフが提案する推しのリコメンドブログ熱ーく&緩ーくご紹介させて頂きますので乞うご期待下さいませ。

それではこの辺でciao!!!

JACKET:STILE LATINO
SHIRTS:Massimo d’Augusto
PANTS:PT01
SHOES:Crockett&Jones

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
上に戻る