ファッショニスタがこぞって持つバッグ!?
ACATE(アカーテ)

遡ること一昨年の春、仲良くしておりますRING JACKETの岩谷君が個人的にしているINSTAGRAMを見て感化され、服屋たるもの個人個人が発信力を持っていかんとあかんやろ!という理由で始めたINSTAGRAM。。。

今では有難いことにフォロワーさんも増えまして、逆に何アップしたらええんやろ(汗)とプレッシャーを感じつつも、肩肘張らずに楽しくポストしておりまして(笑)。

もちろん発信するだけじゃなくって、世界中のブランドや人やお店なんかが発信しまくってるわけですから、嫌でも情報が入ってくるという超便利ツールなんです!!

そんなINSTAGRAM、昨年の春夏のPITTI前にいつものようにツラツラと見ておりましたら、な〜んか最近ファッショニスタや有名人が持ってる微妙なサイズ感やけどなんか上品で魅力的なクラッチバッグ・・・これどこのんなんやろ〜な〜なんて思ってましたら、THE RAKE JAPAN EDITION編集長の松尾 健太郎さんが最近ゲット❤️てアップしてるじゃないですか!ブランド名はACATE(アカーテ)やな、よし!!とイタリアへ旅立つ前のバイヤーみやもっちゃんにLINEでPITTIで絶対このバッグブランド見てきてくり〜!!とお願いしたのを覚えております!!

そしたらばバイヤーみやもっちゃんも納得のバッグブランド!!PITTI後にわざわざring TOKYOまでサンプルをお持ち頂いてご紹介頂き、僕も生で見させて頂いて、『これはめっちゃええ!!』となってめでたくピックアップとなったというわけです!!

そんな新ブランドACATE(アカーテ)を本日はご紹介させて頂きます!!

“コーディネイトの中に自然と取り入れられる目立たないバッグ”をコンセプトに、あえてバッグデザイナーを使わないことでバッグ自体が主張しないという、3歩下がってついてきてくれる大和撫子のようなバッグなんです!!

さらにこのACATEのバッグは、実は超有名なCから始まるビッグメゾンのあのキルティングのバッグが生産されている工場と同じ工場で生産されているんです!!(超驚愕)

そしてその工場、作り手はなんと全員女性!!男性には作り出せない女性らしい繊細さや気品・美しさは微妙な曲線の表現から感じ取れますし、持って頂いたらビビッと肌で感じていただけるはずなんです!!

コチラのバッグがイタリアはPITTIに集うファッショニスタ達が実際使用しているというクラッチバッグ。

ミニクラッチというほどミニでもなく、と言ってA4サイズが入るわけでもないという微妙なサイズ感がもどかしくも愛くるしい、スタイリッシュにコーディネートに馴染むと計算されたサイジング!

タブレットをスマートに使いこなすビジネスマンに、はたまたカジュアルな中にもエレガントな雰囲気を取り入れる洒落者には欠かせませんよっっ!!

お色は永遠に使えるブラック・ダークブラウンをピックアップしました!!

MDOEL:A005 BREVA
MATERIAL
表地:牛革
裏地:アルカンターラ

COLOR:ブラック・ダークブラウン
SIZE:横幅×高さ×マチ幅 31×22.5×4(cm)
PRICE:66,960yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。


これまた、なかなかのビッグサイズのバッグ(笑)でして、クラッチはA4入れへん、持ち手ありのバッグはめっちゃおっきいしなんでやねん!?とつっこみたくなるんですが、そこが『オモロイ』と思うんです!!

ベネツィアンナチュラルシュリンクレザーと、ホームウェアーに使用されるというウォータプルーフキャンバスとのコンビネーションがコロニアルな雰囲気!!

握りやすいグリップ、クラシカルなボストンをベースに付いたサイドのバックル、遊び心を感じさせるタッセルがアクセントになっているんです!!

めっちゃデカイけど、なんか洒落てると思いませんか?(笑)

MDOEL:A003 SIFFANTO
MATERIAL
表地:牛革×キャンバス
裏地:アルカンターラ
COLOR:キャメル
SIZE:横幅×高さ×マチ幅 55×41×21(cm)
PRICE:194,400yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

『PT01&PT05 ショールーム訪問』

コチラからチェックしてみてください!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
上に戻る