また逢う日まで・・・
Doria1905(ドリア 1905)

さ~よな~らなんかは言わないで~♪

僕らはまた必ず会えるから~♪

中学生の時分に聴いていたB’Zさんの名曲『さよならなん

かは言わせない』がふと頭を過ってしまいました。

出会いがあれば別れもあるし、でも前向きに行こうぜ!と

いった感じの内容だったと記憶しておりますが、ことファ

ッションに於いてもそういった出会いや別れは付き物です。

だからって何もこんなに早くお別れをしなくても・・・と、

スタート時のテンションからするとそう思ってしまうのは

無理もありませんが、そんなことを言っても今季が最後とな

りますDoria1905(ドリア 1905)。

皆様も是非!この抜群のクオリティと高いコストパフォーマ

ンスをしっかりと目に焼き付けておいて下さい!!
img_1998
img_1999
1905年にイタリアのプーリア州、レッチェにあるマーリエ

という町の中心にある小さなテーラーからスタートDoria

1905は、独自のサルトリアルな製法を受け継ぎながら伝統

的なクラフツマンシップと、新たなものを生み出そうとする

革新性が融合して生まれたブランドです!

Made in Italyに強い拘りを持ち、20を超える工程を高い

技術力を持った職人の手によって丁寧に仕上げられたホンモ

ノ中のホンモノは、某有名メゾンのOEMを受け負っているこ

とからも、その実力の程が伺えるほど。
img_2002

img_2003
この時期に差し掛かれば、もう耳にタコが出来ている方が

ほとんどかもしれませんが(笑)、今季のトレンドカラーと

言われているオリーブ。

オシャレは小物も含めたトータルコーディネート。なんて

先輩に言われた記憶がありますが、今や被り物無くしてそれ

は務まりませんね!?

今季から登場したこちらの牛革を用いたナローなリボンの

モデルは、PITTIへ行く前に某SNSで見た時からやる!と

決めていたお気に入りです。

更に僕の大好物のオリーブもあるとなれば、やらない理由が

見当たりませんね(笑)。

MODEL:D0230V
MATERIAL:本体:ラビットファー100%
皮革部分:牛革
COLOR:オリーブ
SIZE:58・60・62
PRICE:38,880yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。
img_2005

img_2006

早くも来季の展示会へと参戦しておりますが、シックな提案

は今季同様です。

そんな中、私共ringではブラック・グレーを始めとしたモノ

トーンカラーに注目をしておりますが、まさにその頭上には

最適な!?ブラックワントーンの一品がこちら。

フェルトにはない柔らかでラグジュアリー感満載のラビット

ファーの風合いは、タイドアップで決めたスーツスタイルに

も良し、デニムにトレンチコートを合わせたカジュアルな装

いにも良しといった具合に、フレキシブルな面と少~しの

モード感も演出するといった意外な?一面とを兼ね備えてお

ります。

img_2007

img_2004
MODEL:D0047V
MATERIAL:本体:ラビットファー100%
リボン部分:レーヨン60%・コットン40%
COLOR:ブラック
SIZE:58・60・62
PRICE:38,880yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

img_1994

img_1996

上記2アイテムとは対照的なこちらは、カジュアルシーンでの

用途に如何でしょうか。

小ぶりなブリムが被り易さや気恥ずかしさを払拭し、入門編

としても最適なモデルではないかと自負しております!?
img_2011

img_2009
MODEL:D0045R
MATERIAL:本体:ラビットファー100%
リボン部分:レーヨン60%・コットン40%
COLOR:キャメル・ネイビー
SIZE:58・60・62
PRICE:35,640yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

2016_11_24

『ニンジンが・・・!?(笑)

FORWARD コーデュロイキャロットパンツ』

こちらからチェックしてみて下さい!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
RECRUIT! スタッフ募集
2017年6月
« 5月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
上に戻る