〜ring style 4日連続スナップ企画!〜 ring OSAKA廣島編

最終日を飾るのは、私ring大阪店の廣島が努めさせて頂きます!!

いや〜それにしても、各店スタッフの着こなしを振り返ってみると、
『それ好っきゃなぁ~』や、『お!挑戦するな~』とその人のことを知っているだけに、”イメージ”というものが比較された感想になります。

ブログを愛読して頂いている方の中には、遠方でなかなか店舗にまで足を運べないという方もいらっしゃると思いますが、『こんなスタッフがおるんやな~』と感じて頂きながら、各スタッフがドヤ顔で紹介していますスタイリングを楽しんで頂ければなと思います。(笑)

そして、お近くにいらっしゃる機会がございましたら、是非とも店舗に立ち寄ってお話しさせて頂ければ幸いです。

ちなみに、ring東京店では東京名物康本スマイルがきっとお出迎えしてくれるはずです!(笑)←きっつ〜笑

それでは、最近セブンイレブンのチリポテトというピリ辛のポテトチップスが好きでよく食べていたのですが、新発売の文字に目がとまり、いかにも辛い奴ですよ~!という潔い商品名の『メラメラ』という、ポテトチップスを試しに買って食べてみたところ、5秒で買ったことに後悔したring大阪廣島のスナップ紹介ですっ!!!(笑)

suit:Stile Latino(私物)
shirt:LUIGI BORRELLI
tie:DRAKE’S(グジ)
chief:SIMONNOT GODARD
shoes:Crockett&Jones

まず1枚目は、昨年9月にStile Latinoのオーダー会で見つけた生地に一目惚れしてしまい、思わず個人オーダーしたグリーンのソラーロスーツ!

どこ着ていくの!?なんて野暮な質問は無しにしまして…(笑)素直にカッコイイなと思えるものを着るのが服好きの嗜みでしょう!

LUIGI BORRELLIのストライプのセミワイドカラーシャツに、インパクトあるビッグペイズリー柄が目を惹くDRAKE’Sのネクタイで、胸元に華やかさを演出しております!

このようなスポーティーなスーツにはニットポロをインナーにチョイスし、リラックスしたスーツスタイルで着こなすのが今の気分でしょうが、タイドアップした時にハマるキッチリ感のある面構えはやっぱりカッコえぇですよね!?


〈弊社系列店guji取り扱いのDRAKE’Sのネクタイを締めて〉

本来は色糸が織りなす事により、表面が玉虫色の光沢を魅せるソラーロですが、グリーン×ダークグリーンの組み合わせによってその輝きも控えめ。しかしながら、深みのある色合いに大変気に入っております💮

ちなみに私が着用している姿を見るや、ring大阪 葭からの一言は『お笑い芸人でいうミキの緑の方やな!笑』と嬉しいそうに微笑んでいました…(ー″″ー;)笑

jacket:Stile Latino
shirt:GUY ROVER
tie:Stile Latino
Gilet:Bevilacqua
chief:SIMONNOT GODARD
pants:Stile Latino
shoes:Crockett&Jones

そして2枚目はこちら!ジレを挟んだレイヤードスタイルは4月頃にUPしたスタイリングですね!

メランジを効かせたブラウンベージュをベースに、ネイビーのプレイドチェックが走るこちらのジャケットは同じくStile Latinoのもの。

やや赤みを帯びることにより、ほんのりピンクの様にも見えるので、王道な色合わせであるアズーロエマローネでも一味違った見え方になります。

ザックリ織られたホップサック生地ですので、清涼感のある涼しげな素材も春夏らしい魅力的な生地ですね!


〈やや赤みを帯びた魅惑のファブリック ※画像では分かりにくいですね…汗〉

このジャケットに合わす、丁度良いジレがBevilacquaで見つかったので『これは撮らねばっ!』と謎の使命感に駆られた次第です。(笑)

GUY ROVERのB.Dシャツにヴィンテージ調のペイズリータイ、ベージュのコットンパンツで春のジャケパンスタイルを意識しております。

コーディネートを考えるのはパズルの様で、一つ一つのアイテムが噛み合い出すと楽しくなりますし、着用していても気持ち良いものですよね!

jacket:LARDINI
shirt:Bevilacqua
pants:PT05
bag:ACATE
shoes:CHEANEY

最後の3枚目!

1.2枚目とは違ったジャケットスタイルがいいな〜…と思い撮った1枚。

LARDINIのサマーカシミヤ素材のジャケットにBevilacquaの開襟シャツ、PT05のホワイトデニムを合わし、足元は軽く上品に魅せるCHEANEYのグルカサンダルで、リゾートを意識したジャケパンスタイルにしてみました!

少し大きめのバッグを片手に船旅に向かう…という妄想を抱きながら撮られております。(笑)

カットソーの勢いに押される春夏のシャツ事情ですが、今年は復権の兆しをみせる開襟シャツやカプリシャツが勢いありますね!

トレンドの傾向であるリゾートやリラックスといったキーワードが、その背中を押しているんだと思います。

いざ着用してみると一枚でも雰囲気のでる、ゆる〜いフィット感と涼しげな印象がとくに良いですね!


〈開襟シャツの襟を出してみる〉

ジャケットと合わす時は襟を外に出すことで、よりリラックスした印象になります。

また、スナップ企画ブログの康本編でご覧いただいたであろ3枚目のスナップにも、カプリシャツの襟を外に出しているのが分かりますね!決して彼のプレースタイルが生み出した、独特な着用の仕方ではないのでご安心下さいませ。(笑)

いかがでしたでしょうか?各店スタッフがお届け致しましたスナップ企画!個性あるスタイリングを楽しんで頂ければ幸いです。

また、顔と名前を覚えて頂き『ブログのドヤ顔見たで〜(笑)』なんて、イジっていただければ皆んな喜びます。(笑)

明日からは7月に入り、暑さもどんどん増していくタイミングからの秋冬物のご紹介が始まりますが、『見るのだけでも暑いわ〜』なんて仰らず、

どうぞお付合い下さいませ。m(_ _)m

暑さより熱〜い秋物紹介ブログのお届けは7月6日から!

~乞うご期待下さいませ!!~

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

〜ring style 4日連続スナップ企画!〜 ring OSAKA則包編

皆様初めまして!!

この度、念願のデビューさせて頂きますring OSAKAの則包(のりかね)と申します!

普段は大阪店の店頭に立っておりますので、皆様のご来店を心踊らせてお待ちしております!

名前が非常に読みにくい…いや、読めないとよく言われるのですが、この機会にどうか覚えて頂けると幸いです!(汗)

私以前までは”実は服より好きなんちゃうかな〜”と自問自答するくらいリングやブレス、時計を集めておりました!

当時はシンプルなコーディネートを好んで着ていた事もあってか、腕周りを飾ることで引き立ち合うのではないかと思っていました。

クロムハーツを重ね付け(最多で8個くらい)したり、インディアンジュエリー(主にナバホ族)を全ての指に付けたりと、腕周りを作ってから今日何着ようかなぁ。なんて日々を送っておりました…

それからHERMESのヴィンテージジュエリーの存在を知ってからというもの、”Acrobat”や”Crescendo”等の名作モデルがずっと欲しかったのですが、希少性(金銭面も)の高さになかなか夢叶えることができず…

もし、お持ちの方がいらっしゃいましたら、どうか…どうか一度私に見せびらかせて下さい…(願)

と、自己紹介と露出アピールはこのくらいにして、スナップのご紹介に入らせて頂きます!

jacket:LARDINI
trousers:giab’s ARCHIVIO
shirt:Matteucci
tie:STEFANO BIGI
chief:SIMONNOT GODARD
shoes:Crockett&Jones

まずは2018SSのスタート直後に撮ったものです。

今年提案が多かったという事もあり、ミーハー心擽られて無意識的?に迷うことなく組んでいたコーディネートです!

一見、王道な合わせではございますが、イタリアブランドのBDシャツ、ボックスシルエットではなくシェイプされたジャケット、テーパードの効いたプリーツが浅めのパンツで、ディテールを現在の流れに沿って組み立てる事で、今までにはない、逆に新鮮なコーディネートになります!

タッセルローファーが近年圧倒的人気を誇っておりますが…ここはやはりペニーローファーを合わせたい所です!
ホーウィン社のシェルコードヴァンはmixスタイルを色濃く仕上げてくれます。

suit:Stile latino
shirt:Stile latino
tie:Stile latino
chief:SIMONNOT GODARD
shoes:Crockett&Jones

続きまして、個人的にも気になっていたブラックスーツを使いました!

何かとフォーマルな印象が強いブラックですが、徐々にファッションでも取り入れられてきておりますので、今後もっと展開が広がってくるであろう注目株です!!

夏にあえて着るブラックってめちゃくちゃカッコいいし、見るからに色気ムンムンじゃないですか!?

このStile Latinoのスーツはモヘア混の生地を使用しておりますのでシャリッとした生地感による清涼感は勿論の事、少し艶っぽい光沢がより一層ブラックスーツのカッコ良さを引き立ててくれます!

セレクトショップのスナップ等よく見たりするのですが、結構な確率でちょっと目線外して斜め向いてるのを正〜〜直少し不思議に思っていたんですが、いざ自分が撮ってもらう側になると、ん?これはまさか…すまし顔!?

ring TOKYO康本のような特殊事例もありますが、多くの人はカメラを構えられると、案外狙ってではなく無意識でこの感じになってしまうんだと思います(笑)

さて、ラストの3枚目のすまし顔ですが、普段ハイトーンで纏める事があまりなかったので挑戦してみました!

ring jacketのアイリッシュリネンを使用したサファリジャケットは、着込むほどに風合いが出て独特のシワが出てきてたまらなくいい味が出ます!

このパリッとした見た目からは想像出来ないくらいクタッと馴染んで来るアイリッシュリネンは、個人的にも大好物です!

デニムやレザーのように育てる楽しみ、色落ちや褪せ、シワが肯定的に捉えられる唯一無二の相棒になってくれるであろう期待大です!

jacket:RING JACKET
trousers:PT01
shirt:GUY ROVER
tie:STEFANO BIGI
shoes:Crockett&Jones

パンツはベルトレス、サイドアジャスターやハイウエスト、2プリーツのクラシカルなディテールがポイント。

コットン界の超有名メーカーBRISBANE MOSS(ブリスベンモス)の生地は少しの光沢、ハリが、コットンという素材を最大限に活かしてくれております!

後はなんと言ってもこのピンクベージュの色味にヤラれました…
ベージュのパンツは、たくさん持っていてもほんの少〜しピンク掛かっているだけで、全く違う雰囲気を出すことができるんですよ♬

ネイビーやダークブラウンのジャケット、ダークトーンのアイテムとの相性もバッチリ!!

ここまで3パターンご紹介させて頂きましたが、実は普段はもうちょっと土臭さやラギット感のあるアイテムをジャケットスタイルに組み込むのが好きなんです!

是非、次の機会にご紹介できればと思います!

これで私からは以上となります。最後までご覧頂き、ありがとうございました!

ラストを飾るのは、キメッキメのスーツスタイルからリゾートまでを幅広く着こなしてしまうring OSAKA 廣島です。

ring屈指のユーティリティプレーヤーに乞うご期待!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

〜ring style 4日連続スナップ企画!! ring KYOTO遠藤編〜

皆さん、こんにちは!!

ring TOKYO康本からご紹介をあずかりました”王道モテコンサバスタイル”を得意とするring KYOTO 遠藤です(笑)

2月からring、PT per ringブログを担当しておりますが、皆さんもう知って頂いておりますでしょうか??

まだまだ誤字、脱字や意味不明(大汗)な言い回しが多く、ring OSAKA 葭にチェックをしてもらってから投稿しているのですが、一生懸命書いていきますので、どうか、どうか温かく見守ってください(願)

そして、今回のブログで顔を覚えてもらって、安心して(笑)京都店にご来店して頂ければ幸いです!!!!!!

それでは、遠藤がオススメするスタイリングをご紹介させて頂きたいと思います!

Blouson:MOORER
Cut&Sewn:Fablizio Del Carlo
Pants:PT01
Shoes:SUPERGA

まずはringの主要ブランドであるMOORERから新登場のスッキリモダンなMA-1にFablizio Del Carloのニットソー、2プリーツのウールパンツを合わせたスタイリング!

男臭いオリーブ、ニットソーのブラウンにブラックのウールパンツをチョイス!!

全体的にカジュアルな合わせに1点パリッとしたアイテムを取り入れるだけで、スタイリングも締まって見えます♪

落ち着いたトーンのアイテムが多いですが、スタイリングを一気に明るい雰囲気にしてくれるアイテムが足元に合わせた白スニーカーとバッグを!!

白は季節を問わない色なので、いろんなスタイリングにアクセントをつけてくれる安心安定のアイテムなんですっっ!

Jacket:LARDINI
Cut&Sewn:Drumohr
Pants:PT01
Shoes:Crockett&Jones
Bag:Globe-Trotter(guji)

続きましても主要ブランドであるLARDINIからコードレーンジャケットにブラウンのニットソー、ベージュのコットンパンツを合わせたジャケパンスタイル♪

今季のテーマであるベージュやブラウン、カーキやホワイト等の淡い色みのコロニアルカラーを取り入れたスタイリングは合わせ次第では土臭くなる色合いですが、季節素材やメリハリの効いた色を取り入れるだけで上品なスタイリングに仕上がります!!

カットソー1枚のスタイルでもいいのですが、やはり大人はジャケットできちんと感・デキる感を演出するのが必要かと。

程よくパリッとしたハリ感のあるコットン素材と、縦方向の畝が直接肌に密着しないので、真夏でも肌にくっつくことなく、長時間着用しても快適に過ごせますし、淡く優しい色合いがナチュラルで爽やかな雰囲気を醸し出してくれます◎

是非、店頭にてお試しくださいませ!!

Suits:LARDINI
Cut&Sewn:Drumohr
Shoes:Crockett&Jones
Bag:Cisei

ブルゾン・ジャケパンスタイルときたら、最後はスーツを使用したスタイルのご紹介です!!

夏に大活躍間違いなしの軽さと、ストレッチ性に優れた着心地抜群のシアサッカースーツ!

もちろんオンスタイルに使って頂くことも可能ですが、シャツをVネックカットソーに変えてオフスタイルで〜。

スーツスタイルのハズしにVネック・クルーネックの合わせは超王道ですが、見た目の爽やかさと安定感は抜群!!!!

足元にグルカサンダル・レッドのクラッチバッグをチョイスすればスタイリングに季節感と洒落っ気が加わりますね◎

小物やグッズはハズしますが、シンプルイズベストのキレイめスタイリングが遠藤のモットーです!!!

同じ商品を3店舗で取り扱っておりますが、オススメコーディネートはスタッフによってさまざま。

今回の企画でコーディネートのご参考にして頂ければ嬉しいですし、これからも皆さんに喜んで頂けるスタイリングを発信していけたらと思っておりますので、今後もご期待ください!!!!

以上で僕の紹介を終わらせていただきたいと思います!!

明日はブログ初登場!!露出のチャンスを虎視眈々と狙っている ring OSAKA から則包が担当致します。

僕とはまた違った面白いスタイリングをご紹介致しますので、是非お楽しみに!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

〜ring style 4日連続スナップ企画!〜 ring TOKYO康本編

さて!!本日より4日連続でお送り致しますスナップ企画!!

映えある?トップバッターを務めますは、好きな雑誌はTHE RAKE!「毎日がPITTI UOMO」を格言とし、通勤時からドレスアップを心がける大阪が生んだクラシック大好き男、ring TOKYO康本から参ります!!

ring・PTブログで度々登場しておりますが、皆様覚えて頂けてますかね・・・?(汗)

まずこのring公式Instagramで〜ring style〜と称して取り組んでいるスナップなのですが、「スタッフの特徴・個性を活かして着たいと思うものを着る」という、スタッフのありのままのスタイルを見せつつ、着ている商品も気になってもらえればなぁ・・・という 自称ビジネス臭控えめなコンセプトなのです(笑)

お店の商品を着用しているのはもちろんですが、私物も使用しておりますのでその辺りもこの企画でご紹介させて頂ければと思います!

suit:Stile Latino
shirt:GUY ROVER
tie:DRAKE’S(私物)
chief:SIMONNOT GODARD
shoes:BAUDOIN&LANGE(私物)

あの・・・先に言っておきます・・・

今回3つのスタイリングをピックアップしましたが、全部この顔です・・・(笑)

カメラを向けられると緊張するせいか、思うように表情が作れませんので、大概全力スマイルで回避しています(笑)

まだ春の撮影なのでホーズソックスを履いてますね!ちなみにコスパを重視でSOZZIを大量買いするクラシックスタイルです。(なんでもドレスマンはホーズソックスはダース買いが基本とか ※諸説あり)

こちらは一目見てイケてるっ!とビビッときましたStile Latinoのグレンプレイドのスーツ、英老舗ミルFOX BROTHERSの織りなす魅惑のファブリックは店頭でも非常に反応が良かったです!

Vゾーンも潔いまでにブリティッシュに、サックスブルーのクレリックにブラックウォッチのタイ、こちらは系列店gujiで毎年?定番で入れておりますDRAKE’Sのグレナディン織りのタイです!

その洒落感は唯一無二!買い逃された方は来年に期待です!

そして足元はジワジワとファッショニスタの間で人気沸騰中の、世界一美しいベルジャンシューズ「BAUDOIN&LANGE」

以前から気になっていたのですが、この春からこれまた系列店gujiで取り扱いがスタートしましたのですぐさま購入!!

軽やかでエレガントな足元の最旬は間違いなくコレですね!!

suit:DAL CUORE
shirt:100HANDS
tie:Spacca Neapolis
chief:SIMONNOT GODARD
shoes:BAUDOIN&LANGE(guji)

そして第二スマイルは夏前に撮影したものですね(笑)

こちらはどこからどう見てもカッコ良すぎるDAL CUOREのコットンスーツを、ど〜〜〜〜しても着たい想いが爆発しました!!

この日は天気も良く、ナポリの陽気さが漂う太陽に映えるスマイル・・・ではなく(汗)

スタイルを意識しまして、ベージュの持つエネルギッシュなイメージを最大限に使いました!!

フルハンドで着心地抜群の100HANDSのイエローのクレリックシャツに、期待のニューカマーSpacca Neapolisの洒落たニットタイ、そして柔らかなロール感が美しいSIMONNOT GODARD、なかなかオンタイムでは難しいかと思われますが、普段使わない色味をふんだんに使ったVゾーンは気分を一新するにはうってつけです!

そしてDAL CUOREの魅力といえば抜群なパンツのフィッティング!!

外注も多いナポリでは珍しく自社で仕立てており、非常に作り込まれたクオリティの高いパンツです。

ご試着の際には是非上下でお試し頂きたいです!!

suit:Luca Grassia(私物)
shirt:Massimo d’Augusto
shoes:BAUDOIN&LANGE(私物)

そしてラストスマイルは今月撮影したものでして、確かかなりの猛暑日だったと記憶しております。

なのでリネンスーツにカプリシャツという夏を意識したスタイリングです!!

アイテムが少ない上にほぼ私物、というよりシャツも私物なので全て私物です。すみません(汗)

こちらのHOLLAND&SHERRYのリネンのスーツは、昨年ringで展開していたジャケットに合わせて、トランクショーのタイミングでパンツを作ってもらったのですが、今年も同じ生地でジャケットを展開してますので是非ご覧くださいませ!

この組下のパンツは単品使いも良くするのですが、軽装になりがちな夏にはこのベルトレスにサイドアジャスターというディテールが良いアクセントになるんです。

それにしてもこの茄子紺、本当に色気ある綺麗な発色ですごく気に入っております!

そして足元はお決まりのBAUDOIN&LANGEです(笑)

スマイル同様3連続で使用しましたが、本当最近これしか履いてないですね!!

中でもオーダーフェア時にオーダーしたこちらのクラシックローファーはかなりお気に入り。

この夏、guji KYOTOでオーダーフェアをするようですし、冬にはまたguji TOKYOでも出来たらなぁと企画してますのでお楽しみに!!

ちなみにringでも来春から展開予定ですよ(期待大)

というわけで僕からは以上となります!!

認知度はまだまだですし、こういったスタイルを好むスタッフも今のところ僕ぐらいなのですが、これをきっかけにringでもクラシックが買える。ということを認知して頂ければ何よりです!

明日は”王道モテコンサバスタイル”を得意とする(主観です)ring KYOTO遠藤が担当致します。

各スタッフごとに個性が出たスタイリングですので是非お楽しみに!!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

目前に迫る18FWが始まるまで、短〜い夏休みです!!(汗)
〜ring style 4日連続スナップ企画〜

18SSの出品が終わり、更にはイタリアの出張報告も終わった今!!

皆様同じことを思ってるのではないのでしょうか・・・?

「ブログ、全然更新しよらんやないかっ!!」と(汗)

返す言葉もございません(汗)

ですが皆様期待してください。

既に店頭には少しずつ18FW商品が入荷しており、オンラインでも7月初旬から早くも秋冬物の出品が始まります!!(期待大)

そしてその出品までの夏休みに何かしようかな〜と考えたところ、

セレクトショップといえば”スナップ”じゃない!?

という発想に至ったわけでして、オンラインのコンテンツで露出のある宮本、葭以外にどのようなスタッフがどのようなスタイリングを好むのか、自己紹介も兼ねてご紹介させて頂きます!!

ring公式Instagramではお馴染み?のring styleを本人の解説で詳しくご説明致します!

明日から4日連続でUPしますので、是非ご覧くださいませ!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

これで消化率も上がる!!・・・かな?
出張報告 現地編


“腐ってもPITTI”なんて言い方を時折使う事がありますが、僕らの様なイタリアンファッションに携わる者にとっては、まさに聖地でもあり半年に一度のお祭だと思っているPITTIが、悲しいかなここ数年元気(盛り上がり)がない?なんて言われ方をしています。

もしかしたら、”イタカジ”が時流にフィットしていないのかも?なんて事を思ってしまう薄情な自分もいたりしますが(笑)、それでもPITTIへの期待値とそこにいる事での高揚感は行く度に感じますし、今回もその気持ちを裏切ることなく傾向やトレンドという形で発信していたのではないかと感じております。

早速ではありますが、その一端をご覧下さい。

先ずは色。

今シーズン同様に春夏らしい色使いは継続しそうですが、ビタミンカラーの様なはっきりとした力強い色味というよりは、トーンを抑えたパステルカラーのような優しい色味の打ち出しをしているブランドが目立ちました。

普遍的なネイビーとブラウンを主軸に、ピンクやマスタード、オレンジやグリーンを挿し色として取り入れていくのが来シーズンらしいと言えますね。

続いて柄。

ご覧のように柄・柄・柄です・・・(笑)

コロニアルやサファリテイストが更に強まる来シーズンは、そのインナーに使うべきアイテムしてオープンカラーがマストになりそうです。

それを受けて俄然勢い付くのが、先程もお伝えした花柄やボタニカルといった柄物の提案です。

様子見だった今シーズンとは対照的に、来シーズンは自身のワードローブに追加するアイテムとしても存在感を発揮していくのではないかと感じます。

中でも、半袖シャツにそういったものを落とし込んだ提案が多く、オープンカラーの最盛期ともいえるシーズンになるのではと感じています。

そして、テイスト。

今シーズンの大きな流れを作ったコロニアル、サファリテイストが、更に濃く?深く?なって提案されていました。

サファリジャケットやミリタリージャケットを使ってストレートに提案するブランドもあれば、テラコッタやグリーンといった色味でそのテイストを表現するブランド、そして、そのテイストを表現するのに抜群の相性を誇るレザーのプッシュ!という様な新鮮な切り口があったりと、今シーズンとは違った角度での打ち出しが印象的でした。

現地でピックアップしてくるブランドが少ないringですが、そんな中でも私的イチ推し!なアイテムをいくつかご紹介しまーす!

STILE LATINOのレザートレンチコート。

レザーが注目される来シーズンでしたが、やはり鬼才ヴィンチェンツォも目を付けていましたね。

圧倒的な存在感もさる事ながら、気になるお値段も一級品です(笑)

GITMAN VINTAGEのオープンカラーシャツ。

来シーズンの主役アイテムといえばこちら。

アメリカブランドらしからぬ綺麗な発色のプリントとコットン・・・ではなくレーヨン素材を使ったドレープ感に撃沈でした。


Fablizio Del Carloのクレイジーパターンのニットソー

やれサファリだ〜コロニアルだ〜と騒いでおりますが、ringとしては来シーズンも積極的に打ち出していきたいアイテムがニットソーです。

何処のブランドも単色での提案が多い中、やっぱりここは違う!と再認識したFablizio Del Carloのソレ。

開始2秒でやる!と決めた魂の一着です!?


120%linoのバンドカラーリネンサファリシャツ。

リネンとサファリとバンドカラーとが三位一体となった”この”風合いは、現時点で1番イケているサファリシャツだと思っています。

色出しにも定評のあるブランドですが、サンプルにされていたオリーブに一目惚れ。
他にもブラックやホワイトもピックアップしていまして、それぞれの良さ(個性)がしっかりと表現されている点も高ポイントでした〜

 

来シーズンの傾向も正直今シーズンとさほど変わりが無いやんけえ〜といった声が聞こえて来そうですが(汗)、180度大きく変化するマーケットではありませんし、事実、僕らもそう感じた部分はありましたので、その思う気持ちも無理もないはず・・・

ですから、今シーズンとの微妙な変化をどう表現していくか!?が鍵になっていくと感じましたし、ringに於いては予てより提案していきたかったテイスト・MIXスタイルがトレンドという大きな波となり盛り上がっていきそうですので、絶好のチャンス!!?と据え、あんなアイテムやこんなアイテムでご用意できたらと考えております!

だいぶ気の早い話しではありますが、来シーズンも楽しみにお待ちくださいね〜

そして!!

先日もお伝えさせて頂きましたが、皆様お待ちかねのセールのご案内でございます!!

ring HERBIS PLAZA店・六本木店・ラクエ京都烏丸店の3店舗共に6月23日(土)から店内商品一部を除いて30%〜50%OFFにてセールさせて頂きます!

今回のセールも、いつもはセールにかからないあんなブランドや!?こんなブランも!?というようなものが対象になっていたりと、見所満載なので是非ともチェックしてみてくださいね!!

また、こちらのオンラインショッピングサイトring-rakutenring online shopでは6月22日(土)20:00より一部セールを行います!!

もちろん、系列店のginletguji online shop、そしてbiglietteriabiglietta online shopも同時開催しておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ringの世界観を肌で感じて頂くべく精進しております!〜ヴィジュアルブログ東京・京都編〜

こんにちは!

昨日に引き続きヴィジュアルブログをお送りするわけですが、東京編はわたくし康本が担当させて頂きます〜!

何処にでも現れるなといった神出鬼没っぷりですが、実はring TOKYOのヴィジュアルも担当しているのです(汗)

元々自分の好きなもの・ことを人に伝えたい欲の塊である僕なのですが(笑)、スタッフ全員で行う仕入れのミーティング時では、その抑えきれないクラシック愛から1:5の布陣になることもしばしば・・・(涙)

ring OSAKA葭の出張ブログでも、度々1:2の布陣と嘆き節が炸裂してますが、少数派の肩身の狭さたるや・・・(笑)

そんなことはどうでもいいんです!!(笑)

接客では口でその素晴らしさを伝えることができるのですが、それを空間で表現するとなるとこれが難しいわけです(汗)

ましてやメインとなるウィンドウのないring TOKYOは、入口からの通路という狭い空間でその世界観を表現するのですが、毎回悪戦苦闘しております。

それでも「いい感じかも!」って思えるヴィジュアルが出来た時はやっぱり嬉しいので、今回は中でも特に気に入っている3つにフォーカスしてご紹介させて頂きます!

まずは2018SSの立ち上がりとなる2月!!

毎年立ち上がりはシーズンを象徴する明確なトレンドを、わかりやすく皆様にお伝えすることを念頭に置いて作り込んでいるのですが、大きなテーマとして表現したかったのがアイビーやプレッピーといったアメトラ的要素を取り入れたスタイルです。

そうなるとやはり教科書となるのはRALPH LAURENの世界観。

特にスタイリングは自分が普段しない格好だけに、イメージを膨らませながら考えました!

「育ちが良く、特にファッションに対する造詣深いナイスミドル」というイメージを抱きつつ出来上がったのはこちら!

メタルボタンのブレザーにB.Dシャツ、レジメンタイにコットンパンツ、さらにはローファーなど、これでもかというほど分かりやすいスタイリングなのですが、ナポリ仕立てのフルハンドのコートを羽織らせてみたり、Babour(バブアー)のトレンチの着こなしを前開けでベルトを結び今っぽくしてみたりと、どストレートなアメトラではなく、世界観を出しつつringらしさをミックスするのにこだわりました!

続きましては僕の愛するナポリをフィーチャーした5月!!

愛するナポリに思いを馳せながら意識したのが「ナポリでの品あるリゾートスタイル」

鮮やかなイエローとブルーはそれだけでナポリを連想させますが、実はこのスタイリングはリネン素材で縛っておりまして、そのなんともイタリアらしい美しい発色のリネンが一層ナポリへの気持ちを高ぶらせてくれるってもんじゃないですか!?

このAlfonso Siricaのジャケットも、本当に綺麗なグリーンなんです。是非現物を店頭で見て頂きたい!(願望)

この袖付けも見ているだけでヨダレが・・・(汗)

イタリアではポピュラーな食後酒のリモンチェッロ、お客様にご提供出来ないのが大変心苦しいのですが、かなり度数がキツイため可愛らしい名前とポップな色味に騙されると、僕のようにせっかくの美味しい食事を無に帰する可能性がございますので、飲まれる際は十分注意してください(笑)

そして最後は今月gujiグループ全店で打ち出した”コロニアル”!!

コロニアルというと多くの方がサファリというワードを思い浮かべるかと思いますが、何か違う打ち出し方はないかな〜と悩んだところ、ring TOKYOでは”キューバ”をキーワードにすることに決めました!!

そしてテーマをキューバにしたと同時に脳裏によぎったのが、また出ました映画「スカーフェイス」です(笑)

キューバから移民としてアメリカにやってきたアル・パチーノ演じるトニー・モンタナが、裏社会で成り上がる男の中の男の映画なのですが、ここで僕が着目したのがこの半袖シャツを着たアル・パチーノなんです!

今季、更には来季のシャツのトレンドにドンズバじゃないですか!

もちろんここまで派手な柄はringではオーダーしてませんので、あくまでそれはそれとしてリアルに着やすい半袖シャツの提案を意識しました!

トニー・モンタナになりたい方にはコチラがオススメです!(笑)

モヒートにクラシックカーと、キューバをストレートに表現しておりますが、その分かりやすさこそ自分がビジュアルを作る上で一番意識してることだったりします。

このように毎月テーマに沿って入り口付近のワンスパンは組んでおりますので、是非入り口のメインディスプレイと連動してご覧頂ければ幸いです!

みなさん、こんにちは!!

大阪・東京編に続き、最後の京都編は ring KYOTO 遠藤がお送り致します!!

ring KYOTO はguji初の複合店ということもあり、レディースbigliettaと共にテーマを合わせて、オススメのお出掛けコーディネートを作り込んでいます!!

昨年12月のオープンから店内・ウィンドウを担当させて頂いており、まだまだ修行の毎日ですが、少しずつ助けてもらいながら何とか皆様にお伝えできるように日々頑張っておりますので、是非その成果をご覧いただければと思いますっっ!!

それでは、遠藤が厳選したウインドウディスプレイを3つご紹介いたします!!!!!

3月 テーマは『パステル』

2018春夏のトレンドのカラーは「パステル」と「コロニアル」。

全店統一のテーマで臨んだ3月のウィンドウディスプレイは高さの抑揚をつけ、ガラスにカラーシートを貼ってみました!!

洋服でカラーを見せていくのも大事なのですが、更にカラーシートをプラスして色推し!!!

思わず出掛けたくなるような明るくPOPな雰囲気を演出してみました♪

スタイリングはLARDINIのブラウンのジャケットとジレにPT01のピンク!!

まだまだ底冷えのする京都ですが、いち早くトレンドカラーと素材感を伝えたくスタイリングしました!

5月 テーマは『カラフルトリップ』

ring・biglietta京都店からスタートした洋書を使ったディスプレイで作りました!!

旅をより充実させるために欠かせないのが本!!

初めて読むものはもちろん、すでに読んだことのあるものでも、非日常の中で読むとまた違った味わいになるのがいいですよね♪

自店では透明の糸でランダムにグラデーションになるように吊り、トロッターや足元にも洋書を置いてみました!

スタイリングはメンズレディース統一して120%Linoの商品を使い、大人の旅行スタイル!!

トレンドカラーは抑えつつ、リネンの持つ涼しさや軽さ、余裕を感じて頂ければと思いコーディネートしてみました◎

遠くから見ると仲良く手を繋いで見えるようにしているのがキモですっっ(嬉)

6月 テーマは『コロニアル』

コロニアルとは、”コロニー(=植民地)”から名づけられたもので、17~18世紀の植民地時代の服装がコロニアルスタイルと呼ばれています。

こうしたファッションに代表されるベージュやカーキ、ホワイトなどの淡い色みの総称がコロニアルカラー。

6月はメンズ・レディースで色のトーンを合わせてコロニアルスタイリングの提案です。

上下トーンの違うブラウンで統一したスタイリングは土臭い色ではありながらも、素材を変えたり、アクセサリーを付け加えるだけで上品なスタイリングに仕上がります!!

カットソー1枚のスタイルでもいいのですが、やはり大人はシャツできちんと感を演出するのが必要かと。

如何でしたでしょうか??

テーマやトレンドは決まっていても、お店によって表現・スタイリングはそれぞれ!!

今季のテーマ、カラーを抑えつつスタイリングのご参考にして頂ければと思います!

ファッションの華型であるビジュアルで今後も皆様にトレンドとオススメを発信していきたいと思っておりますので、ご来店時にご覧下さいませ。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

ringの世界観を肌で感じて頂くべく精進しております!〜ヴィジュアルブログ大阪編〜

こんにちは!ring大阪の廣島です。

ringブログを書くのは、去年の5月以来久しぶりの登場になりますので、やや不慣れな書き出しはご愛嬌(笑)

この時期になると弊社バイヤー陣は、イタリアフィレンツェで開催されております、メンズファッションの祭典”PITTI UOMO”を皮切りにミラノのショールーム巡りと、その海外出張もそろそろ終わりを迎えている頃でしょう。

FacebookInstagramから届けられる現地の写真がUPされるたびに食い入るようにして見ては、来季の傾向やトレンドをチェックするたび、『お〜かっこええなぁ…』『これ欲しい!絶対これやってやぁ〜バイヤ〜(願)』なんて、一人で呟いております(笑)

皆様も気になるであろうその様子は、6月22日に公開になりますPITTI&ミラノ出張報告を楽しみにお待ち下さいませ。

そんなHOTな情報が毎日更新される中、個人的に注目しているのが各ブースのプレゼンテーションの魅せ方です。

そのブランドが何を伝えたいかが一目で分かる様な凝った演出や、イメージを伝えるオリジナルな備品などは見ているだけでもワクワクさせられますし、何といっても惹きつけられる魅力があります。

LARDINIブースの一枚。(こちらの様子も出張報告ブログをご期待下さい。)

そんなブースの作り込みが気なる理由はと言うと、私廣島がring大阪とPT per ringのヴィジュアル担当を任されているからなんです。

お店にとっての顔であるウィンドウディスプレイには、月毎にテーマを持たせたトレンド紹介と、ringがオススメするスタイリングを見て頂けます。私なりにメッセージ性のあるヴィジュアル作りを心掛けておりますので、『あっ!なんか変えとるな?』という場面を見かけたら温かい目で見守って頂けると幸いです。(笑)

それでは、LARDINIのように素晴らしいブースの作り込みとはいきませんが、今季の象徴すべき3ヶ月のヴィジュアルを振り返っていきたいと思います!

2月

2018SSのスタートを飾るブランドは”LARDINI”。アイビーやプレッピーといったキーワードは今季の象徴とも言えるハッキリとしたトレンド。メタルボタンのブレザーやレジメンタルタイなど、如何にも!!なアイテムが目を引きます。お坊っちゃま風になってしまわないように、テラコッタカラーのPT01のパンツを差し色に、米×伊のミックススタイルを意識した着せこみに新鮮さを感じて頂ければ幸いです。

ブルーの背景は波に連想させて”新しい波(トレンド)”が訪れるイメージと、米国を連想させる英字新聞でイメージを高めております。

3月

シックな傾向だった近年から、久しぶりにシーズンらしい明るい色が取り上げられました!イエロー・ピンク・サックスブルーのパステルカラーのシャツをメインカラーにし、春の訪れを感じさせるヴィジュアルを意識しました。芝生と花、花に模したシャツの見せ方に面白さを感じて頂ければ狙い通りです(笑)

6月

もう一つ忘れてはいけない2018SSを象徴するテーマは『コロニアル』。ベージュ・ブラウン・カーキなどコロニアルな色味はもちろん、リネンやソラーロ素材、キューバシャツやサファリジャケットのようなデザインなども抑えておきたい要素の一つでしょう。先程のLARDINIブースの一枚からも感じ取れるように、来季も継続した要素になりそうですね。

ORIANのサファリジャケット風シャツを、クルーネックニットとショーツで合わせた都会的なサファリテイストを提案。クセのあるトレンドだけあって、上品なアイテムと掛け合わせることで都会的な印象に魅せています。インテリジェンスを感じさせる洋書には、”新しい(スタイリングの)発見”をしてほしいと言う意味を込めております。

いかがでしたでしょうか?何気ないウィンドウディスプレイですが、何か少しでも気付いて頂けるような面白いヴィジュアル作りを心掛けたいと思っていますので、皆様の頭の片隅に『こんなんもしているんだなぁ〜』と覚えて頂ければ幸いです。

そして、明日は東京・京都編と続けてお送り致しますので何卒お付き合い下さいませ。m(_ _)m

それではring東京店奇態の新人こと、康本く〜んお願いしま〜す!!(笑)

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

セールのご案内!!
PT per ring ブログUPしました!

いつもringをご愛顧頂きまして誠に有難うございます。

このたびの大阪北部を震源とする地震により被害を受けられました皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

昨日はHERBIS PLAZA/ENTは、急遽臨時休業とさせて頂きました。

お客様にはご迷惑をおかけし、誠に申し訳ござませんでした。

本日から全店、通常通り営業しております。

まだ、今後1週間程度は余震の危険もあるとの事ですので、皆様くれぐれもお気をつけ下さいませ。

さて!皆様お待ちかねのセールのご案内でございますっっ!!ring HERBIS PLAZA店・六本木店・ラクエ京都烏丸店の3店舗共に6月23日(土)から店内商品一部を除いて30%〜50%OFFにてセールさせて頂きます!

今回のセールも、いつもはセールにかからないあのブランドが!?これやっちゃってええのん!?というようなものが対象になっていたり、あんなアイテムが!?セールになっていたりしますので、見所満載なので是非ともチェックしてみてくださいね!!

また、こちらのオンラインショッピングサイトring-rakutenring online shopでは6月22日(土)20:00より一部セールを行います!!

もちろん、系列店のginletguji online shop、そしてbiglietteriabiglietta online shopも同時開催しておりますので、どうぞ宜しくお願い致します。

『砂丘だけではもったいない!!PT01(ピーティーゼロウーノ) THE DRAPER ハウンドトゥース ツープリーツ パンツ』

コチラからチェックしてみてください!

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)

おかわり頂きました〜!?VEIL(ベイル)のカットソー


『JOHN SMEDLEYのシーアイランドコットンに合うカットソー』をコンセプトに、自社で企画し、国内で縫製を行っているMADE IN JAPANブランドのVEIL(ベイル)!

遡ること7~8年前、セカンドスキンという名でJOHN SMEDLEYからインナーのブランドが打ち出されていましたが、その生産終了を受けて新たに誕生したのがこちらのブランドになります!

2103年のデビュー以降、光沢感のあるラグジュアリーな仕上がりと大人の方にも受け入れ易い上品さを武器に、個店から大手さんへと少しずつその窓口も広げていっていると敏腕営業マンのT氏も太鼓判を押すブランドとして、ringでも猛烈プッシュ!?を行っていく予定のカットソーブランドであります!

新参者には冷たい?なんてジンクスも蹴散らし、結果”おかわり”をするという上々の反応まで頂戴しましたので、カットソー部門の新戦力として今後も活躍が楽しみなVEILです。


もともとユニセックスで提案をしているブランドというだけあって、なんとも言えない上品さとフェミニンさが魅力なんです。

そんな見た目もさることながら、シーアイランドコットンコットンにも負けないほどの超細番手の糸を使ったコットン素材に、シルケット+樹脂加工を施す丁寧な仕事っぷりは、流石は”JOHN SMEDLEYに合わせるカットソー”と謳っているだけのことはありますね。

事実、今季からお取り扱いを始めた新ブランドとしては異例の?いいね!を頂戴したアイテムの筆頭として、リピーターが確実に増えていっている実感をビシバシと感じております。

MODEL:V NECK-T
MATERIAL:コットン100%
COLOR:ホワイト・ネイビー・ブラック
SIZE:3・4・5・6
PRICE:10,260yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。


肝心の白が早々に姿を消すとった不測の事態が生じてしまった前回(汗)

あってはならぬ。としっかり補填をして再登場しております!

“透ける”ことを気にされて敬遠されがちな色目である一方で、どのブランドに於いても高い人気を誇るのが白であります!

視覚的な清涼感とどんなアイテムに合わせても喧嘩しないというカメレオン的な使い易さがその理由と据えておりますし、僕自身の手持ちも白ばかり。

ということで、買い逃した方はこの機会に是非ともどうぞ〜

MODEL:CREW NECK-T
MATERIAL:コットン100%
COLOR:ホワイト・ネイビー・ブラック
SIZE:3・4・5・6
PRICE:10,260yen
ring online shop
ring rakuten shop
↑こちらでも販売しております。宜しければご覧下さいませ。

シェアする

facebookでシェア
twitterでシェア
つづきを読む
(タップで下に開きます)
RECRUIT! スタッフ募集
2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
上に戻る